FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然海水による生物層の変化

天然海水での水換え実施後、2週間が経ちました。

おかげで年明け後に急に出てきたDINOSもどきが一瞬にして消え去ったのは先日のエントリーでもお話しましたが、ほかにも水槽内での生物層の変化が目に見えるようになって来ました。

コケの変化
DSC03739.jpg

ガラス面にコケが生えるのが早くなりましたね~、というよりちゃんと生えるようになった、という方が正確かな?

ライブロックに渦鞭毛藻が出たときはメラミンスポンジで擦ってうっすら付く程度だったのが、見た目に明らかにコケ!って感じの広がり方になりました。

それからコケの種類も主役は緑タイプに取って代わっています。

DSC03743.jpg

MP10のウェットサイドもご覧のとおり...っ(^^;;

もともと放ったらかしで石灰藻でゴワゴワだったところに、この一週間でふっさふさの藻類が付着しています。。。

まぁ見た目にはなんですが、魚もサンゴも絶好調ですので、やはり天然海水パワーはすごいですね。
スポンサーサイト

天然海水(ナジーム10)での水換え

先月、キイロハギが一時的な拒食になった際に餌用海草を投入したときから、
タンク内にDINOSっぽい茶色い鼻水風船が目立ち始めた・・・。

立ち上げ時からの茶苔シアノ緑苔の順に続いて、今は渦鞭毛藻類が優先的地位になったらしい。その証拠に、しばらく掃除してなかったマメO/Fのパイプの中の緑苔がどんどん薄くなってきている。

ただ様子を見ていると、マガキやシッタカは普通に食べているようだし落ちた個体もない。
魚たちも普通にしているし、幸いなことに毒素を持つタイプの悪名高いDINOSではなさそうだ。
ホッ・・・(汗)

タンク内のバクテリアバランスとイオンバランスについては、閉鎖的極小環境ゆえの一方的な偏りに陥らないよう普段から気を使っているけど、さすがにこれは天然パワーの注入以外にあるまいっ、
ということで、たまにお世話になっているブルーラボの伊豆沖の天然海水ナジーム10の投入を決定!

早速届きました。。。

DSC03675.jpg

が、あれっ?4箱頼んだのに3箱しかないぞ???

連絡したところ、なんと1つは○濃運輸が搬送中に破損させた模様とのこと・・・。
明日、追加でもう1箱来ます。

気を取り直して・・・、今回のナジーム10の水質測定チェック!

Salinity:31.3 ppm (1.023~1.024)
pH:7.98
NO3:検出限界下
PO4:0.04~0.06 ppm
Ca:380 ppm
KH:6.7
Mg:1300 ppm

CaとKHが意外と低いですねぇ。RCPの添加量を後で調整せねば。

今週は約50%の40L分を水換え。
ついでに今後のサンゴ追加に備えてちょっとだけレイアウトをいじった。

DSC03694.jpg

ライブロックの山が2つあるのですが、向かって右の山をソフト類、左の山をハード類にまとめようと思います。
これは小さい水槽ゆえのスポットLEDの配置と水流の都合により。

あれ?何かミドリイシが増えているような・・・(^^;

水景(2013/2/23)

現在のメインタンク、といってもサブタンクは構想中なのでまだ水槽はこれ1本。

DSC03655.jpg


半年前までは普通の60規格だったのを、白点病で全滅→リセット時に45cmハイタイプへ変更。
せめて90規格くらいにしたいけど、マンションとリビングの間取り事情により奥行きが取れないのです…orz

ただ、その代わり機材設備はこだわりつつ、コンパクトで上手くまとまった水槽を安定させることが目標です。

現在のタンクメイトは
・イナズマヤッコ
・キイロハギ
・マルシアズアンティアス
・コバルトスズメ
と、魚は4匹。

あとはスカンクシュリンプとスカベンジャー達。

DSC03488.jpg


サンゴはソフトコーラルを中心に
・ウミキノコ(フラワータイプ)
・チヂミトサカsp
・カワラフサトサカ ×2
・スターポリプ(フルメタG)
・カリブバブル ×4
・シロスジウミアザミ ×4
・クダサンゴ
・ハナガササンゴ

マメO/Fによるオーバフローに変更してから水も落ち着いてきたので、これから徐々にLPSなどを詰め込んで行く予定です。

まだまだ水景が地味だなぁ〜(^^;;

このブログについて

海水アクアは2012年の年明けから始めました。
というわけで、この記事を書いている時点では実践1年ちょっとのビギナーもいいところです(^^;;

ただ、おおよそ初心者が通るであろう一通りの経験はさせてもらったので、今後のキーパーとしての上達目指して、自分のために、そしてたぶんこれから始めようとする人にちょっとくらいは参考になるかと思ったりして、ブログ記事に残していこうと思います(^^)


魚やサンゴを飼うための知識は、始めは初心者向けの本とかサイトとかでインプットを得ていました。
おそらくこれから始める人もそうだと思います。

でも、どれも教科書一辺倒なことしか載ってなくて、正直深くは役立ってないかな〜というのが偽らざる感想…。

それよりも、いろんな有名ブロガーの方々のアーカイブを見た方が、なにかと偏ったりしてますが(汗)、よっぽど実践的で最新の理論を研究されたりしていて、とても参考になりますよね。

マリンアクアの世界は日進月歩。

飼育理論も機材も一昔前とはずいぶん変化してきているようなので、これからも新しい知識を吸収しながらどんどん実践していきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ
TANK DATA

Kempfar

Author:Kempfar
【Main Tank】
Pleco Glassia 60×30×45
サンプ 45×28×35
SKIMZ Monzter VSC SM-163
レイシー RMD151
ゼンスイ ZC200

イナズマヤッコほか魚5匹
スカンクシュリンプほか
甲殻類・貝類9匹
ソフトコーラル9種16個体
ハードコーラル5種5個体
ヒメシャコガイ1個

【Second Tank】
Under Constraction

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
17385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
1213位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
にほんブログ村(海水魚)
ブログ内の記事を検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。